給水装置工事主任技術者試験

給水装置工事主任技術者について

A.更新制度はありません。ただし、給水装置工事主任技術者証をお持ちの方については、「写真の書換え制」があります。

詳細はこちら

A.給水装置工事主任技術者免状に記載されている本籍地の都道府県に変更がない場合は特に届け出の必要はありません。なお、免状に記載されている本籍地の都道府県に変更がある場合は、免状の書換え交付申請をしてください。

詳細はこちら

給水装置工事主任技術者試験について

A.例年では、年1回10月下旬に行っております。

A.4月下旬に詳細の発表をいたしますので、当財団のホームページをご覧ください。

A.給水装置工事に関して3年以上の実務経験を有することです。

詳細はこちら

A.16,800円(非課税)です。

A.4月下旬に掲載予定ですが、例年は全国8地区 <北海道、東北、関東、中部、関西、中国四国、九州、沖縄> で行っており、受験申込みの際に、ご希望の受験地区を選べます。

A.できます。手数料1,700円かかります。国家試験課(自動音声案内①)までご連絡ください。

A.今年度の不合格者については向こう3ヶ年まで「実務従事証明書」の提出を省略することができます。その際、今年度の受験番号が必要となりますので、「受験票」又は「結果通知票」は大切に保管してください。

例)平成27年度 → 平成30年度まで
  平成28年度 → 平成31年度まで